それいいねー!

カフェでコーヒー飲んでまどろんでいたら(ほとんどこんな時間はないから貴重な時間でした)、隣の二人組の女性がチラチラこちらを見ていて、何だろうと。。
おかしな印象はなかったからいいんだけどね。
そしたらそのうち目があって、「何?」って感じで笑いながら顔を向けたら「それ、いいですねー!」って。
なんと私がしていたブレスレットを褒めてくれました。
これがいいんだ。。。
何気につけただけのものでしたが、少し特殊なもの、、、そうか、これを「いいね」って思ってくれる人がいらっしゃるのですねー。
よかったー。嬉しい。素直に嬉しいです。
ブレスレットをして行ったのは、その日は気持ちに余裕があって、なんかつけてみたくなったわけです。
この「それ、いいですねー」っていうのは、誰にいつ言われても気分がいいものです、少なくとも「失礼な!」とか思わないし、嫌な気持ちになることはない。
これから私も、素直にいいなって思ったものは口に出してみようと思う。

どうして感染者が減らないのか。

日本では減ってきていますが、世界ではまだ感染者が一向に減らない状況の国もあります。
どうしてなのか?
緩和もげにんだろうけど、マスクをしなくてもいい的なものが大きいようにも感じる。
医学的には関係ないとされてきたけど、やっぱりマスクは効果があるんじゃないかな。
日本人は誰もが真面目にマスクしてるもんね。
手を洗う習慣も根付いてる。ここだよねー。
感染者数が減らない国の人はここをちゃんと考えたほうがいいよね。
考えても「科学者が!」って行ってやらないんだろうけど。
すごいマスクを嫌うけど、それが自分を守っているし、人も守っているのだからね、ちゃんと真似てほしいなー。

イギリスは、働かなくても、給料の8割をいただけるんです。
だからコロナは終わらなくてもいい、って思ってる人もいるくらい(いや0、10割もらったほうが良くない?)。
感染者が減らないにはこういう社会制度もあるのかも。
ちゃんと働いてお金を稼ごう!そのほうが健全ですよー。

そう言われても。。

話題になっている、眞子さまと小室さんの結婚。
小室さんがわは何もせず、動くのはひたすら宮内庁の職員なのだそうだ。
そんなこと言われてもね、、、しょうがないよね。
喜ばしい結婚じゃないというのが「負担」っていう言葉になるのかもだけど、結婚自体は喜ばしいことだし、普通の人ではないのだから、職員が動くのはしょうがない。
何もしないでいたら、それはそれで言われてしまうのだ。
職員の細かい動きは報道されないけど、それは大変な仕事です。
そこまで理解しなくちゃね。。。特に、小室さんが理解しなくちゃ、ですよね。
あそこはどうも母親がセレブに憧れていたようですが、セレブにはなれないし、今は静かに移動してm後も静かに生活してほしい。
国民の理解はなかなか得られないけど、「負担」ではなくて「職員の働き」くらいにしておくためにも。
職員の皆さま、ご苦労様でございます。
もう少しですね。
あ、、、妹さんもいるか。。。
でも、なんとかなりますよ(誰に言ってる?)。

救急救命士の番組

海外の、救急救命士の24時間、みたいな、日本にもあるような番組を見てて涙が出ました。
電話を受けてその家に向かうも、もう既に亡くなっていたんです。
電話をしたのは亡くなった人の彼氏。
「残念ながら亡くなっています」とy伝えるも、とにかく泣くばかり、、、本人も亡くなったのはわかっていて、、、、ただただ泣く。。声を出して。
最後に「彼女を抱きしめていいか?」って聞いて「もちろんです」と言うと、部屋に入り、動かなくなった彼女を抱きしめておいおいお、、と泣く、泣く、泣く。
それを聞いてて私も泣いたけど、救命士のひとも別の部屋で泣く。
辛いよねーー、助けてあげることができなかったって。
あんなに泣かれてしまうと、、きついよねーー。
全てがそんな感じでしたよ。
その時は、案外元気に運ばれて入院しても、そのあと亡くなった、、とかね。
救命士ができることは全部してるんだからしょうがないんだけど、、、あんな現場に毎日立ち会っていると、やるせないよねーー、とにかく泣けた番組でした。
救命士の皆さん、ありがとうございます、これからも頑張ってくださいね!

太めのズボン

ダボダボ、、って行っても、そうなっているズボンを履くためには、足の長さが必要だと思う。
身長の低い、足の短い人があれを吐いても様にならない、、、と思うがどうだろうか。
でも流行とは残酷で、ちゃんと身長の低い人でも、そのサイズが売ってるんだよね。。。
似合わないと思うよ、、辞めとけば?、、って思うが、、それでも買って履く人はいて、町で見かけることがあります。
足が長くないと格好悪いよーーー。
それでも流行だからって履くんですねーー、、、(そんなの本人の勝手ではあるけどね)。
私は足が短いから絶対はかない。
あんな格好悪いものをどうして買ってまで履くのだ。
家の中で吐いてるだけならいいけど、、貰い物とかで・・笑(せこい!)。

またそのうちこれも終わって、ピッチピチのが流行るんだろうか。
時代は巡る、とはよくいったものだ。
昔は「ちびT」ってのもあったよね、、、あれも、太った人が着てて「どうしよう、、」って思ったものだよ。
どうしようもないのだが。
流行ってるからって着る人が多いけど、それで格好いいと思っては行けない、もっと個性を出そうよーー。
流行ってなくてもいいじゃないかーー。。
って、私は思います。

デヴィ夫人のお子さん

デヴィ夫人には娘さんが一人だけいますが、今はロンドンで旦那さんとお子さんと暮らしてるみたいです。
そこによくデヴィ夫人も行くようですよね。
コロナの間はどうだったか知らないですけど。
娘さんとはずいぶん仲が良くない感じでしたけど、やっぱりね、家庭を持つと少し変わるらしいし、たった一人のお母さんですからね、大事にしてあげてほしい。
ロンドンでは遠いけど。
デヴィ夫人はインドネシア国籍だからなんか複雑です、でも一般人としてちゃんと入国できたら娘さん家族とは会えるわけですもんね。

むかーし、テレビで娘さんを見たことがあります、英語で「ママは。。。もう本当に・・・なんていえばいいのかわからないけど・・・好きにしたらいいわ」みたいなこといってて、当時はやっぱり仲が悪いんだろうな、って思ってました。
でも今はいい、と。
娘さんとはあまり一緒に暮らしてないような感じでしたしね。
ところで娘さんもインドネシア国籍だとしたら、ロンドンには旦那さんと結婚したことで住めてるわけですね、、なんか複雑だなーー。

ホットサンド

うちには、昔ながらの(新しいんですけどね)、コンロの火の上に乗せる、
挟んで作るホットサンドメーカーがあります。
食パンを2枚使って、間に何か好きなものを挟んで、コンロで焼くんです。
これで作るホットサンドは美味しいですが、面倒なので時々しかやりません。
誰かが作ってくれたら喜んで食べますが笑

チーズを挟むといい感じに溶けて、とろーりとね、、、美味しいんですよーー。
チーズがないときはできないけど、、作りたいなー、食べたいなー、ってなったらまずは冷蔵庫にチーズがあるか確認します。
その時に賞味期限が切れたのが出てきたりもします(!)。
(もちろんそんなのは食べません、、期日にもよりますが)
ホットサンドにすると何挟んでも美味しくはなりますけど、チーズがとろーり、が最高ですよねーー。
それがホットサンドの極み、と言ってもいいくらいだ。
と言うことで、チーズがあるか確認して、今日も作ろうかなーー。
少し余裕がある火でした!

預貯金額で趣味って変わるの?

あるニュースの見出しで「貯金が1000マンの人の趣味」ってあって違和感だった。
内容は読んでないからお門違いかもだけど、預貯金で趣味って変わるのか、と、
こういう趣味の人はお金持ちだよね、が言いたいのか。。
お金があるからできるもの、もありますけど、趣味には。
逆に、趣味でやってみたくてもお金がかかるものは続けられなくなる。
難しいところではあるけど、だから何?、、な見出しですわ。

預金がある人の趣味ったら、、語学とか、旅行とか、綺麗になることにかけるもの、ではないかな。
だってお金に余裕があるんでしょ。
語学はただ学ぶだけじゃなくて後で活用して、もっとおかねを稼げてしまうかもね。
綺麗になって本人は満足で、預金額をみてにやける、、って人もいるかもですが、、
なんかこれって気持ち悪い。
趣味はあくまでも趣味です。
そこに預金額なんてないような気がするけど、無きにしも非ず、かもですな。

上座とか。。

イギリスのエリザベス女王様は、zoomで一般の人、何人かとお話をした時に「しもざ」だったってことがあって当時ニュースになってました。
逆にいうと、「上座」とか「下座」とかって日本だけ、、って思ったけど、一応何かあるようですよ、欧米でも。
でも女王だからって「上座」にはならなかったし、別に気にする感じも、配慮もなく。
ってことはやっぱりこういうのにこだわるのは日本人に強いのかもですねー。
女王が一般の人と混じってお話、だけでもびっくりですが。。

Zoomでの順番ってこだわるのは各個人、、、ってこともあって、「私はここじゃなきゃ嫌」ってことがあるって聞きました。
そういえば、「この人っていつも真ん中のところにいるなー」って人、います。
意識してるのか、周りがそうさせてるのか知らないですが(フェイスブックとかで出してる、zoomの時の画像がそうなってる)。
きにする人は気にするのかもですね、、、でも、言ってはいけないかもだけど、、、実にくだらない。
あ、すみません、つい本音が。

水たまりが凍ってる

道を歩いていて、前日までに降った水が水たまりになっているところがあったんですけど、ん??、、、こおってる?、、って思って、足の先でつつついてみた。
案の定凍っていて、氷が動くんだよね、、、つまり、周りは溶けかかっている。
昼間だったからそうだけど、朝とかはカチカチだったんだろうなーー、、イヤダイヤダ、、、寒いのはいやだ。
足の先でつついてみたが、そこから冷気が体に蔦わ的そうで震えた。
こんなことくらいで怖気付いてはいけないんだけどね、もっと寒い地域に住む人は雪で大変なのだ。
でもそういうところに住んでなくてよかったと思う。
あーーハワイに行って暮らしたい。
暖かいところがいい。
水たまりが凍ってしまうようなところに居たくない。
朝起きたら重き入り伸びができて、いきなり裸足で外に出られるような、そんな環境のところに行きたい。
夏だけの国。。憧れだーー。
そんな日が来ますように(くるか!!)。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12